犬の白内障治療で悩んだら犬用非加水分解カルノシン点眼薬

犬の白内障治療でお悩みの方にお知らせです!
写真
非加水分解カルノシン点眼薬による治療
非加水分解カルノシン点眼薬による治療
従来、目薬は白内障の進行を遅らせる効果しか期待できず白内障の治療方法は手術しかないというのが定説でした。しかし2010年9月、米国で特許承認された白内障を根本から治療する画期的な目薬「非加水分解カルノシン」溶液が登場したのです。
米国・EUで認められた白内障治療点眼薬「非加水分解カルノシン」溶液とは?
「非加水分解カルノシン」点眼薬とは、白内障の世界において現在、世界的に注目されているロシアのマーク・バビ ザエフ博士により発明され商品化された、白内障治療に極めて高い治療効果を発揮する目薬です。 非加水分解カルノシン溶液は、人間の体内で水晶体の酸化を防ぐ抗酸化成分・カルノシンの代替として機 能する、非加水分解カルノシンはアミノ酸のβ-アラニンとL-ヒスチジンの二つがくっついた複合アミノ酸 (ジペプチド構造)を1%含んだ溶液です。
マーク・バビザエフ博士
Mark Babizhayev MA, PhD分子生物学・薬理学・物理生物学・眼科で学位を取得したロシアの研究者。モスクワのヘルムホルツ眼疾研究所の主任研究員を経て、現在は米国デラウェア州に本社を持つ「Innovative Vision Products,Inc(IVP社)」社長。
マーク・バビザエフ博士公式メッセージ
非加水分解カルノシンという複合アミノ酸溶液を含んだ成分が、人間と動物の白内障に関連性が高いという発明をしました。
各国に特許申請を行っており、2010年9月に米国でこの特許が承認されました(承認番号:US 7795203 B2)。

加齢性白内障だけではなく、若年性、糖尿病性、アトピー性など、全ての白内障に対し効果が期待されます。
現在、日本・ヨーロッパ゚においても特許申請中です。人間と動物の双方に対し、10年間以上にわたって治験を行ってきた上で安全性と治療効果が確認されており、副作用もほとんどなく、また、事故発生の事例も今まで1件も報告されておりません。
安心してご使用ください。

このように人間の白内障にも有効ですが、動物の中では特に「イヌ科の動物(イヌ、狐、狸など)」と「ウサギ゙」の白内障に対して有効である事が臨床実験で確認されており、フランスでは犬用にも販売されています。
特許有効期間中のためジェネリック品は製造されていません。CEマークはEU圏(フランス、イタリア)の認証なので、他国(アジア・米国等)からの発送商品は危険です。同成分の商品の偽造品には十分に注意して下さい。
白内障患者の目に1日2回約6ヶ月の間『非加水分解カルノシン』点眼薬を使用した試験結果の統計90%に視力の改善が見られた。41.5%にレンズ(水晶体)の透過性の改善が示された。
臨床試験では、老人性白内障を患っていた期間が7年未満の患者に最も速くて大き な結果が見られましたが、7~15年という患者でも、かなりよい結果が得られました。 動物に対しては「イヌ科の動物(イヌ、狐、狸など)」と「ウサギ」の白内障に対して有効である事が臨床実験で確認されています。

マーク・バビザエフ博士の10年以上にわたる動物と人での臨床試験を経て、医薬品としてEUの安全規格CEマークを取得しすでに5年以上の間EU、東南アジアで白内障治療に使用されています。そして2010年9月に米国特許を取得し、その効果がさらに裏付けられました。
非加水分解カルノシン点眼薬はなぜ白内障に効くのか?
体内にある強力な酸化防止剤・カルノシンの働き
加齢と共に減少するカルノシン天然の酸化防止剤・カルノシンは脊椎動物の筋肉や 神経細胞に多く存在し、細胞内で生成されます。 しかし、年を重ねるごとにカルノシン生成機能は減少していきます。
若い頃はカルノシンの抗酸化作用によって体内で発生した活性酸素から細胞が守られています。しかし加齢とともに体内のカルノシン濃度が減少することにより、活性酸素による細胞への攻撃を防ぐことができず、細胞死が増えていきます。つまり老化とは細胞再生機能が衰え細胞死が止まらない状態を示すのです。
白内障もまたカルノシンの減少により、水晶体の細胞再生が衰え、硬く白濁化していってしまうのです。
非加水分解カルノシンは加齢により減少するカルノシンを補い水晶体を強力にガード
非加水分解カルノシンという複合アミノ酸は、体内にある天然の酸化防止剤カルノシンの仲間です。非加水分解カルノシンは化学合成により製造されますが、体内に取り入れるとカルノシンへと変化します。
点眼した非加水分解カルノシンは犬の目の中で体内由来のカルノシンに変わり眼球の水溶液に直接入り込み強力な酸化防止剤として働きます。
そしてカルノシンが不足したため濁っていた水晶体は、充分な酸化防止剤を得て回復していきます。
非加水分解カルノシン点眼薬の安全性
発明者マーク・バビザエフ博士による10年間以上にわたる人間と動物への臨床試験の結果、安全性と有効性が確認されており、副作用の症例もなく事故発生の事例も今まで1件も報告されていないようです。

目薬としては最も標準的な6.8Ph(物質の酸性、アルカリ性の度合いを示す数値。中性は7Ph)に設定されていますが、点眼される方の酸性・アルカリ性のバランスによりごく一部の方にはチクッとした刺戟感が感じられるかもしれません。
継続して使用する内に刺戟感は消えると思われますが、あまりに不快な場合は眼科医への相談が大切でしょう。

普通の目薬同様に、毎日2回の点眼を続けると90%以上の加齢性白内障患者は6か月以内に治癒するということですから、日常生活にも支障はありません。日本には最近導入されたばかりで、ほとんどの眼科医はまだその存在を認知していない可能性がありますが、米国特許承認番号(US 7795203 B2)を伝え調べていただければ安全性の確認をしてもらえるでしょう。
非加水分解カルノシン点眼薬と手術
白内障手術を受けた場合、合併症発生による再手術や後発白内障発病による再手術の可能性があり、その発生率は手術1年後 内に6%、2年後内に15%、9年間では38%、との統計もあります。
また再手術、再々手術を経て失明に至ったケースもあります。

非加水分解カルノシン点眼薬には手術の危険性はありませんし、速いケースで1ヵ月、少なくとも3ヶ月の継続使用で改善が認められ始めるという結果が出ています。
日常生活にすでに支障が出るほど進行している場合を除き、手術に踏み切れない方、手術を決断するまで6ヶ月以上時間のある方は、非加水分解カルノシン点眼薬による治療を試してみてはいかがでしょうか。

現在、犬用の非加水分解カルノシン点眼薬は商品化され、インターネットを通じて入手することができます。
「犬用 非加水分解カルノシン」の単語で検索をしてみてください
特許有効期間中のためジェネリック品は製造されていません。CEマークはEU圏(フランス、イタリア)の認証なので、他国(アジア・米国等)からの発送商品は危険です。同成分の商品の偽造品には十分に注意して下さい。